基礎について

  • スタッフブログ
  • 2017.06.12

こんにちは。設計部の山本です。

今日はお家の基礎について少しだけお話しできればと思います。

 

「基礎」という単語はいろんなところで耳にする言葉ですが、木造建築では土台より下、下部構造と呼ばれる部分を指し、主にコンクリートで作られます。

 

 

上の写真は今月初めに形成した基礎です。

ちなみにコンクリートを流し込む作業を打設といいます。

職人さんや監督さんは「打つ」と言いますね。

密実な基礎とするために、昔のコンクリート打設は型枠を叩きながら流し込むのが主流だったため、「打設」や「打つ」と呼ばれるようになりました。

 

写真には基礎から短い棒と長い棒が生えてますね。

短い棒は「アンカーボルト」と言い、土台と基礎を緊結させる役割があります。

長い棒の方は「ホールダウン金物用のアンカーボルト」です。

ホールダウン金物を使って柱と固定し、柱が土台から抜けないようにする役割があります。

なんの変哲もないただの棒に見えますが、とっても重要。

それらアンカーボルトを擁する基礎はさらに重要。

あまり目立つことのない地味な構造材ですが、とても大事な構造材でもあります。

以上、山本でした。

 

おすすめの関連記事はこちらから

Instagram

タグ一覧

旧スタッフブログはこちら
資料請求・お問い合わせ
0120410006