リフォーム現場紹介in下難波

  • リフォーム
  • 2017.07.28

リフォーム担当の土岐です。

以前から進捗状況をお伝えしてましたリフォームの現場が完成しました。

ビフォーアフターでどのように変わったかご覧下さい。

まずは和室

以前は天井高も低く、朱色で暗い印象でした。

今回は天井高を上げて杉板を張り、壁も明るめの若草色を採用。

照明も天井高を考慮してダウンライトにしました。

扉も弊社で製作した桧の無垢材です。

別角度から

続いて廊下

以前は物置場でこちらも暗い印象でした

以前、投稿した梁を天井高を上げてみせました。

左側はタンスの代わりに大容量のクローゼット収納です。

天井高を上げたことで、狭い印象になりがちですが、広々とした空間になりました。

こちらの扉も無垢のパイン材で製作しています。床材も無垢の地松材です。

別角度から

続いてトイレです。

以前は増築したところにトイレあったのですが、その増築部の雨漏りの問題。

先ほど、紹介した和室への光を取り入れる事で解体をしました。

そして今は余り使っていないお部屋に移設しました。

ビフォーはこんな感じ

赤いタンス付近がトイレになります。

こちらも天井は杉板を採用し、そして窓上に棚板を設けることが多いのですが、

お母様が身長が低いので、使いやすいようにニッチ収納をとりました。

広々したトイレです。

続いて浴室と脱衣室です。

こちらもトイレを設置した部屋と同じ部屋に移設してきました。

大きな洗濯流しを取り付けて、手洗いするものもこれで便利になりました。

別角度で

壁一面は杉板をアクセント張りして、ハンガーをかけれるように長押を取付ました。

単調になりがちな脱衣場空間ですが、杉板がお部屋を引き締めてくれてます。

浴室もこんな感じ。

TOTOのサザナというユニットバスです。

ふかふかな洗い場の床がおススメです。

約2カ月間お客様にはご不便をお掛けしましたが、無事完成する事ができました。

あと少し外部工事がありますが、もう一息です。

 

おすすめの関連記事はこちらから

Instagram

タグ一覧

旧スタッフブログはこちら
資料請求・お問い合わせ
0120410006