日々勉強。

  • リフォーム
  • 2017.12.06
  • タグ:

リフォーム担当の土岐です。

以前、キッチンをリフォームさせて頂いたお客様から雨漏りの相談を頂きました。

現場に行ってみると、日本瓦の入母屋屋根の角の部分。

降り棟と隅棟付近です。よくこの辺りは雨漏りします。

原因はさまざま。瓦が割れてたり、ずれていたり、ゴミが溜まっていたり・・・

今回は施工自体に問題があったようです。

瓦屋さんに教えて頂きました。

まず施工前

特に問題は無さそうですが、剥いでみると・・・

一部瓦がえぐってあるところがあります。

ここです。

実はこれ雨水を矢印のように流すためにこういう風にしているそうです。

今回、施工して頂いた瓦屋さんは今治の菊間の瓦屋さんなんですが、

松山の瓦屋さんは昔、良くこういう納め方をしていたそうです。

本来はこう

真っすぐ下に向いて流すのが正解だそうです。

瓦の下にルーフィングといって防水シートを張るのですが、

昔のものは劣化して穴が空いてしまっています。

防水シートがしっかりしているうちは漏らなかったのですが、

年数が経つにつれて、シートが劣化し、今回の雨漏りにつながったわけです。

原因を解消して、元通り復旧していきます。

元通り完成です。

卓上ではなかなか触れないことが現場ではあります。

日々、勉強です。

 

 

おすすめの関連記事はこちらから

    関連記事はありません

Instagram

タグ一覧

旧スタッフブログはこちら
資料請求・お問い合わせ
0120410006