リフォーム現場紹介in大洲

  • リフォーム
  • 2017.12.14

リフォーム担当の土岐です。

今年もあと約2週間で終わりです。

年末へ向けてラストスパートです。

大洲で住宅を建てて頂いたお客様の外壁塗装をさせて頂いております。

リフォーム前がこんな感じです。

多少汚れがあるものの、パッと見るとまだまだ綺麗に見えます。

ですが、建てさせて頂いて約15年経過しています。

建物の環境にもよりけりですが、そろそろ塗装を考える時期です。

仮設足場を組んで、まずは高圧洗浄です。

その次に外壁の目地にシーリング材を施工していきます。

塗装自体が大丈夫でもこのシーリング材が劣化しているケースが

よくあります。

ですが、このシーリング材が切れてしまうと、雨漏りの原因になりますので

侮れません。

実は、こちらの建物でもシーリング材が切れて、雨水が侵入し

外壁材が浮いている箇所がありました。

ベランダのアルミ笠木の下側です。

一旦、アルミ笠木を外して、下地補修をして、外壁張替えをし、

さていよいよ塗装です。

これは塗装の密着度を高める下塗りです。

このあともう2回塗装をしていきます。

今日はここまで。

次工程も報告していきます。

 

おすすめの関連記事はこちらから

Instagram

タグ一覧

旧スタッフブログはこちら
資料請求・お問い合わせ
0120410006