新日本建設の家づくり

text

WORKS 施工事例

新築 檜の香りと郷愁の家
CONCEPT

真壁に腰板をといった昔ながらの和の造りに、
天井まで香り豊かな檜をふんだんに使ったしつらえは、
まさに昭和を感じさせる日本の家。
無垢の木に包まれる心地よさと現代の機能性によって
孫三人に夫婦と祖父、三世代が穏やかに暮らせる、
次世代に住み継ぐことのできる家。

DATA
  • 所在地 松山市福音寺
    延床面積 151.48㎡(48.50坪)
    敷地面積 222.45㎡(67.29坪)
  • 竣工 2018年12月
    間取り 5LDK
    家族構成 6人家族(子供3人)
PAGE TOPへ