新日本建設の家づくり

text

BLOG

スタッフブログ

2020.06.28 松岡

蓄電池をリースする、という考え方

こんにちは、松岡弘二です。

先日、設計の土居から、蓄電池の話しが出ましたが・・・、

近い将来、太陽光と蓄電池は当り前になるのかもしれません。

ただ現実的には、まだまだ家庭用蓄電池の金額が高いので

購入を考えるまでには、値段がもう少し

下がってからになるのではないでしょうか。

一般的なメーカーが出している蓄電池の定価は下のような感じです。

まだまだ、高いですね。。。

定価なので、実際はもう少し安くなってはいますが・・・。

 

そこで、リースするという考え方です。

四国電力さんがこんなプランを打ち出しています。

四電ためトクサービスです。

https://www.yonden.co.jp/lp/solar-2019after/index.html

(詳しくはHP、四国電力にお問い合わせ下さい。)

簡単にいうと月々2,700円で最大150kWh/月まで蓄電して

電気代から割引します。

さらに、150kWh/月を超えた分(余剰電力)は、8円/kWhで買い取る。

というサービスプランです。

10年間の売電期間終了後に検討するには、凄く良い!!(笑顔)

 

メリットは、蓄電池を買わなくてもよい。

リース料(基本料)も2,700円なので

10年間で計算しても324,000円

蓄電池を買うより、かなりお得です。

メンテナンス費用・工事費用が掛からないなど。

 

デメリットは、災害時(停電時)は、使えない。

太陽光が発電している時のみ一部のコンセントが使えるだけ。

(パワコンコンセントのみ)

蓄電池容量が最大150kWh/月までと大容量では無い。

将来的にこのサービスが継続しているか未定。

蓄電池が安くなれば、購入した方が得になるなど。

 

私の考えでは、ためトクサービスに入るとしても

災害時の一時的な復旧までの間使える

アウトドア用蓄電池(5万円前後)はあった方がいいのかなとも思います。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/jackery-japan/n-p-400200-bkor-jk3.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

例えば上のような蓄電池です。

昼間、太陽光で発電した電気をアウトドア用蓄電池に蓄えて

夜に使うみたいな感じですかね。

これで、電気の復旧を待つというのも一つの選択肢だとも思います。

 

これから先、5年後、10年後、家庭用蓄電池の値段が

どれくらい下がるのか?

注目していきたいと思います。

また、長々と書いてしましました。。。(汗)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

WRITE A BLOG
松岡 (営業部)

営業部の松岡です。よろしくお願いいたします。

PAGE TOPへ