愛媛県松山市で自然素材の家・無垢材の家建築 | 新日本建設

text

BLOG

スタッフブログ

2020.01.31 山本

耐震力

こんばんは。設計部の山本です。

先日耐震診断の要請があり、築40年の住宅の診断を行いました。

診断件数が少しづつ増えてきているので、地震に対する関心の高さを感じます。

弊社の新築工事は全て、耐震等級3の取得を必須としてプランをさせて頂いています。

耐震等級は等級1から3まであり、等級1は建築基準法の条件を満たしたものが該当します。

一般的に耐震等級3は等級1より1.5倍地震に強いと言われていますが、単純に地震に耐える壁が増えてるだけではなく、水平構面という考えも加味されています。

壁だけじゃなくて水平面(二階の床や屋根など)でも地震に抵抗しましょう、という感じです。

例えば、蓋をしてない段ボール箱を両手で挟んで揺らすとグニャグニャ動いてしまします。

しかし、しっかり蓋をすると揺らしてもあまり変形が起こりません。

等級3は等級1に比べて、より多面的に地震に対して抵抗する力があります。

さらに最近ではこのような物もあります。

逆八の字に設置されているこの金物は制震ダンパーと言います。

地震によって、地震に耐える壁と合わせてこの金物が耐えるものです。

4年前に発生した熊本地震では震度7が立て続けに発生しました。

それでも制震ダンパーを設置していた住宅は、クロスなどの多少の亀裂を除けば無被害だったようです。

技術の進歩や研究により、災害に負けない力がどんどん出来ています。

10年後はもっとすごい技術が開発されているかもしれませんね。

地震そのものを止める技術があれば一番安心なんですが。。。

それは100年後くらいかもしれません。

以上、山本でした。

新日本建設はこだわりある家造りをスタッフ一同で取り組んでいます。
今回の記事に関する質問も受け付けておりますので、ご相談されたい方は下記からお問合せください。

WRITE A BLOG
山本 (設計部)

設計部の山本です。よろしくお願いいたします。

PAGE TOPへ