新日本建設の家づくり

text

社長ブログ

BLOG

2019.11.20 社長

外壁-1

昨日外壁の塗装のメーカーの方が来られました。

モデルハウスの塗り替えで、パワーボードという軽量気泡コンクリートの吹付をしたので、感想を聞きに来たようです。

外壁も色々な種類があり、最近は塗り壁を希望する方が多くなってきたような気がします。

大きく分けると塗壁のような湿式工法と、サイディング張りやパワーボードのような乾式工法があります。

どちらが良いというわけではないのですが、一般的に多いのはサイディングだと思います。

サイディングも12ミリから14ミリ16ミリと厚みが違ったり、仕上げの塗膜が違ったり色々な種類があります。

当然、厚みや塗膜によって金額も変わってきますし、耐久性も変わってきます。

パワーボードは37ミリで厚さは変わらないのですが、塗装の種類によって金額が変わってきます。

当然、建てる方の予算があると思うのですが、耐久性なども考慮したうえで、決定するべきだと思います。

WRITE A BLOG
井上 秀明 (代表取締役)

代表取締役の井上秀明です。よろしくお願いいたします。

PAGE TOPへ