新日本建設の家づくり

text

BLOG

スタッフブログ

2019.04.22 日根居

耐震+制震のダブル工法

こんにちは。営業部の日根居です!

最近、暑いですねー><

きょうは全国でも夏日が多いみたいです。

最高気温30度近くまであがる地域もあるそうですよ( ゚Д゚)!

みなさん、体調にはお気をつけください~

先日、住友ゴムさんの木造住宅用制震装置Mamory(マモリー)」の説明会に参加しました。

現在の「耐震」という地震対策の考え方(建築基準法ベース)では、
震度5強を超える揺れが続くと、耐力壁の強度が徐々に低下します。
(エネルギーを吸収できる部材が無く、壊れることでエネルギーを吸収する)

 

そんな耐震工法の弱点を補完してくれるのが、木造住宅用制震装置「Mamory(マモリー)」です!

壁にエネルギーを吸収できる装置を入れ、住宅の変形・損傷を抑えることができます!

新日本建設ではこれまでの最高耐震等級「3」に加え、「Mamory(マモリー)」を標準搭載。

耐震+制震のダブル工法を採用し、ご家族の安全をしっかりとお守りいたします!

Mamoryは、熊本城や東本願寺など伝統建築物にも採用されており、メンテナンスフリーで長期耐久性に優れています。

どんな制震技術が使われているのかなど、blog内ではお伝えしきれないので、

気になる方はぜひ鴨川にある住宅展示場「パル」にある

新日本建設のモデルハウスにお越しください♪

体感ツールや模型などを展示しております!

大型連休中(ゴールデンウィーク)も、休まず営業しておりますので
よろしくお願いいたします。

WRITE A BLOG
日根居 (営業部)

新日本建設のInstagramやFacebookを毎日更新しています!
「フォロー」や「いいね」していただけると励みになります(^^)

PAGE TOPへ