愛媛県松山市で自然素材の家・無垢材の家建築 | 新日本建設

text

BLOG

スタッフブログ

2020.01.30 中田

町の工務店ネット

こんにちわ。設計部の中田です。

先日、「町の工務店ネット」の2020年度全国総会へ土居さんと一緒に行ってきました。

今回はその際のことを書きます。
日本全国の工務店さんが集まり、プロジェクトへの取り組み等の話を聞くこともありましたが、その前に開催県の工務店さんのモデルハウスや完成物件の見学をさせて頂きました。

地域や自然素材をつかった家づくりをされている中でも特に力がはいった工務店が選ばれていたのか、どこも見ごたえのあるお家で勉強になりました。

中でも印象に残ったのは、本では見たことがあっても実際に見たことがなかった越屋根(こしやね)のお家。
モデルハウスということもあり、他にも見どころがたくさんありましたが、珍しさもあって印象に残りました。

部屋があるわけではなく、上にぽこっと出ている壁には窓があるだけの屋根。
中に入って見上げると、1階の中央の部屋や2階の寝室へ間接的に光を感じれるようになっていました。

ベーハ屋根ともいうそうで、煙草の乾燥小屋として使われていた讃岐の農家住宅に多いそうです。
移動中には同じ形の屋根を所々で見ることが出来ました。
地域特有の景色というものもその視点で見ないとなかなか気づかないものだなと改めて気づかされました。

あと、外壁の焼杉を自社で作成したというお家。
移動中のバスの中で、隣席させて頂いた方に、本物の焼杉は表面がぽこぼこしている事や、その作り方について教わったのですが、偶然にもその後に見たお家が自社で作成したという焼杉を使われていました。
話を聞いた後、実物をみると、なるほど!と。焼き具合でこんなにもかわるものなのですね。

普段は資料だけで見るだけですが、今回は実際に見ること・聞くことが出来、いろいろと勉強になった1日でした。

WRITE A BLOG
中田 (設計部)

設計部の中田です。よろしくお願いいたします。

PAGE TOPへ