新日本建設の家づくり

text

BLOG

スタッフブログ

2019.07.04 二宮

イエプロ vol.9

こんにちは。設計部二宮です。

昨年の西日本豪雨災害の発生から約一年。
今も罹災されたお家や仮設住宅にお住まいの方々もいらっしゃいます。
心よりお見舞い申し上げます。
そして今週は九州などでも災害級の大雨が続いています。
大雨や土砂崩れなどによる災害が全国的に発生しやすい時期です。
くれぐれも、厳重な警戒とともに早めの避難などで命を守る行動を取ってください。

 

 

さて、今回のお話はこちらです。

6月30日に(株)SPCさん出版の「イエプロ vol.9 2019-2020」が発売されました。
今回のイエプロのテーマは「スタイルのある家」

新日本建設からも、私二宮と山本が担当させていただいたお家を掲載していただきました。
二宮「北欧インテリアとモダンな和の家」
山本「暮らしを紡ぐ、自然素材の優しい家」

快く掲載の承諾をいただいたK様、N様、ありがとうございます!
ホームページにも施工事例として掲載させていただいていますが、
そこには無い間取りやコンセプト、こだわりポイント、我々の人となり(笑)なども載っていますのでぜひ手に取ってご覧ください。

我々だけでなく、愛媛で頑張る「お家のプロ」達の様々な事例が盛りだくさんです。
これからお家造りを考えられる方も、ただお家を色々見て楽しみたい方も参考になる雑誌です。
私もしっかり目を通して参考にさせていただきます♪

 

 

そして先週の「西条下島山の家」の様子です。
内部は電気配線工事が完了し、大工さんが「内法材」と言われる扉の枠などを設置しているところです。
先日、現場監督の伊藤が大工さんと一緒に苦労して設置していた和室の鴨居もしっかりこの通り。
とても綺麗なおさまりです。

 

こちらは和室の「落とし掛け(床の間の上部枠部分)」用に準備してくれた木材です。

樹種は杉。柾目が綺麗です。
浮造り(うづくり)加工を施しているので、
写真ではわかりにくいですが年輪の凸凹が浮かび上がって手触りも抜群。

 

外部は「破風・鼻隠し」などの屋根のサイド部分や「軒天」と呼ばれる屋根の裏側を施工しているところです。

今回は破風・鼻隠し・軒天ともに無垢の杉板を張ります。
外観にも木目が感じられる、ザ・木の家!な仕上がりです。
この後は、どんどん外壁工事も進んでいく予定です。

 

 

最後に、最近のお隣さん。

稲が少し伸びてきて、青さが増してきました。
「お隣さんの稲成長記シリーズ」も続く・・・のか!?

WRITE A BLOG
二宮 (設計部)

設計部の二宮です。よろしくお願いいたします。

PAGE TOPへ